石川県随一の名門ゴルフクラブ

能州台コース

18Hole 6,664Yards Par72

日本海の素晴らしい景観が眺められる、雄大なロングヒッター好みのコース。
上杉謙信ゆかりの地能州台山景の自然を生かした丘陵コースは、’93セントアンドリュ-ス:R&A競技委員長Nearu Rochi氏も絶賛した景観。
(第122回全英Openアジア/日本予選会場の候補地5ヶ所の中で能州台が選ばれた。)

開催された公式大会

’76~’90 ミズノレディス開催コース
’93 全英オープンアジア/日本予選開催 

アウトコース

1番ホール(ミドル 420Yards・Par4)

能州台No1

2番ホール(ロング 474Yards・Par5)

能州台2色補正ira-no2

3番ホール(ミドル 405Yards・Par4)

能州台No3

4番ホール(ショート 162Yards・Pa3)

能州台4

5番ホール(ロング 558Yards・Par5)

能州台No5

6番ホール(ミドル 388Yards・Par4)

能州台6

7番ホール(ミドル 424Yards・Par4)

能州台No7

8番ホール(ショート 196Yards・Par3)

能登半島の海岸線を望む、谷越えの美しく印象に残るホール。
T字型の大きな1グリーンと左の巨大なバンカーにプレッシャーを受ける。
上空の風が予測以上に強く、クラブ選択が難しい。
9番ホール(ロング 522Yards・Par5)

日本海の水平線が美しい雄大なホール。
Teeショットはゆるい打ち下ろし、ロングヒッターにはフェアウェーが狭い。
残り250yより打ち上げで、アゲンストが多い。クロスBK右のOBラインは浅いので注意。グリーンをオーバーするとParが逃げるかも。

インコース

10番ホール(ミドル 384Yards・Par4)

能州台No10

11番ホール(ミドル 409Yards・Par4)

日本海と重要文化財の妙成寺五重塔を望む絶景は、朱鷺の台No.1である。打ちおろしで豪快なティーショットを。左傾斜のフェアウェイが2ndショットを神経質にさせる。
グリーン左は池、奥は下りの深いラフ、オーバーは命取り。
12番ホール(ミドル 392Yards・Par4)

 ira-no12

手前は池、セカンド地点は右が7つのクロスバンカー、左がグリーンまで続く数多くのマウンド。
2nd地点より打ち上げとなり、グリーンは5つのガードバンカーに守られたハードなホール。 インコースの難所で ドライバーもアイアンも気が抜けない。
グリーンに上がり後ろを振り返ると、能登半島の樹海と名所の海岸線を一望し、このホールとの戦いの終わりが知らされる。実に印象深いホール。
13番ホール(ショート 116Yards・Par3)

池と14ヶ所のバンカーにガード されたスリリングなショートホール。樹海の上を走る風は、あなたに微笑むか?
英国セントアンドリュース・ R&A競技委員長(’93)Neale Rouch氏絶賛ホール。
14番ホール(ミドル 367Yards・Par4)

能州台14

15番ホール(ロング 534Yards・Par5)

朱鷺の形のクロスバンカーがフェアウェイ中央に待ち受け、正確なショットを要求される。
グリーンは1.6m砲台、傾斜は ゆるく奥へ下る。3rdショットが勝負。
ティーグランドの後方は、水平線の青さと樹海の緑のコントラストが美しい。
ここからの夕陽は絶賛されている。
16番ホール(ミドル 382Yards・Par4)

能州台16

17番ホール(ショート 168Yards・Par3)

能州台17

18番ホール(ミドル 363Yards・Par4)

能州台18

営業日カレンダー

朱鷺の台Facebookバナー
PAGETOP
Copyright © 朱鷺の台カントリークラブ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.